無料法律相談を開始しました

このたび、個人の方に限り、初回相談30分について無料で法律相談をお受けすることと致しました。
今までは、債務整理のご相談のみでしたが、今後は分野を問わず初回30分無料となります。
相談の日時についてはお電話にてご予約(047-710-3700)をお願いいたします。

また、ホームページから、相談日時などの問い合わせができるように、問い合わせフォームを作成いたしました。
夜間・休日であっても、弁護士本人に直接、ご入力いただいた内容が届きますので、こちらもご利用いただければ幸いです。
(ただし、問い合わせフォームでの法律相談はお受けしておりませんので、原則として、相談日時を決めてご来所いただく必要がございます。)

今後も、さらに利用しやすい法律事務所を目指して参りたいと思いますので宜しくお願いします。

Sponsored Post Learn from the experts: Create a successful blog with our brand new courseThe WordPress.com Blog

WordPress.com is excited to announce our newest offering: a course just for beginning bloggers where you’ll learn everything you need to know about blogging from the most trusted experts in the industry. We have helped millions of blogs get up and running, we know what works, and we want you to to know everything we know. This course provides all the fundamental skills and inspiration you need to get your blog started, an interactive community forum, and content updated annually.

金子重紀弁護士の移籍について

当事務所に在籍しておりました金子重紀弁護士が、平成26年4月1日付けで柏の森法律事務所へ移籍致しました。

(金子弁護士 移籍先事務所)
柏の森法律事務所
〒277-0005 千葉県柏市柏6-9-18 柏パークビル5階
TEL. 04-7170-2701

なお、金子弁護士と弊所の鍋倉弁護士にて、共同して受任している案件につきましては、従前どおり協力しながら事案処理を行ってまいります。
今後とも、弊所ともども、金子弁護士を御愛顧いただきますようお願い申し上げます。

コメダ珈琲店が松戸にオープン

松戸の伊勢丹前にコメダ珈琲店が8月中旬にOPENするようです。
今日前を通ったところ、看板の取り付け工事をやっていました。

コメダ珈琲店は名古屋発祥のチェーンで、シロノワールという、ソフトクリームののったパンケーキが名物なようです。

伊勢丹前には、ドトールとサンマルクカフェという2つの喫茶店がありますが、その向かい側にコメダ珈琲店ができるので、カフェ激戦区といった様相を呈してきました。
サンマルクの場所に前あったスターバックスは閉店してしまったんですが、
現在はサンマルクもドトールも結構お客さんが入っているように思いますので、コメダ珈琲店も人気が出るかもしれません。

開店したら一度行ってみたいと思います。

夏季休暇について

8月10日(土)から8月18日(日) まで、事務所はお休みとさせていただきます。
通常営業は8月19日(月)からとなりますので、よろしくお願いいたします。

(なお、上記期間内の弁護士会の土曜法律相談をご予約いただいている方については、ご予約時間に事務所にご来所ください。)

松戸伊勢丹にジュンク堂開店!

事務所のすぐ近くにある松戸の伊勢丹内にジュンク堂書店が今週7月3日に開店するようです。
ジュンク堂といえば、膨大な書籍数と、椅子で座って本を選べるというスタイルで人気を集めており、私も大好きな本屋です。
池袋店によく行くのですが、法律専門書の在庫は他の書店の追随を許さないものがあります。
さすがにAmazonには在庫数で負けると思いますが、実際に手にとって内容を確認できるメリットは大きいです。
ジュンク堂のような集客力のある店舗がどんどん増えて、松戸駅周辺が活性化することを期待してます。
ジュンク堂ファンの一人として、私も開店日に行ってみようと思います!


(追記 2013/7/4)
開店後に行ったところ、文庫・コミックが充実している印象を受けました。
椅子や机はなく、座ってのんびり本を選ぶことはできませんでした。 (追記2013/8/9: 私は見かけなかったのですが、店内に椅子があるようです)

もっとも、法律書は十分な品ぞろえがあり、探していた書籍は見つけることができました。
閉店時間が19時と早いですが、秋からは21時までになるようです。

電子内容証明エラー対処法:「すべて文書確認を行っていないが差出し」表示から進まないとき

Windows 7 (32bit版)を利用している方で、電子内容証明郵便を今までは問題なく発送できていたのに、最近急に発送の処理ができなくなった方がいるのではないでしょうか。

症状としては、送付文書をPCで作成し、電子内容証明ソフトで宛先等を入力してブラウザでアップロードを行った後、送付文書の最終確認を行うところまではできるのですが、内容確認を行っても差出ボタンが  「すべて文書確認を行っていないが差出し」 のまま変わらず、しかもこのボタンを押しても送信ができないというものです。

事務所のPCがこのような状態になったので、原因を調査したところ、知らないうちにWindows7にInternet Explorer 10(以下、「IE10」)が自動インストールされていたのが原因でした。マイクロソフトの方針で平成25年5月頃に自動的にIE10がインストールされることになったにもかかわらず、まだ電子内容証明サービスがIE10に対応していないのです。

同様にお困りの方もいるかと思うので、以下に対処法である、①IE9へのバージョンダウン方法と、②IE10の自動インストールの無効化の方法を記載しておきます。 (なお、本記事記載時点ではIE9へも正式には対応していないようですが、私が利用している限りではWindows7(32bit版)でIE9を用いて問題なく送付が可能です。)

第1 IE9へのバージョンダウン

  1. 左下のWindowsのスタートボタンをクリックし、スタートメニューの一番下の「プログラムとファイルの検索」と書かれたテキストボックス内に、「プログラムと機能」と入力し、Enterを押す。
  2. 表示されたウィンドウ内の左側にある「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック
  3. 表示されたリストの中から「Internet Explorer 10」 をダブルクリックし、アンインストール。 表示に従って再起動を行う。
  4. Internet Explorerを開き、ツールバーから「ヘルプ」>「バージョン情報」を選び、Internet Explorer9と表示されれば完了です。

これで、電子内容証明郵便のソフトを従来通り操作すれば、送付ができます。ただ、このままだとまた自動でIE10がインストールされてしまうので、以下の手順を行います。

第2.IE10の自動インストールの無効化

以下のリンクから、Microsoft公式の「Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツールキット」をダウンロードします。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/confirmation.aspx?id=36512

このページに記載されたインストール方法に従って、無効化ツールをインストールすれば、今後自動的にIE10がインストールされることはありません。今後、電子内容証明のサービスがIE10に対応した場合は、手動でIE10をインストールすればよいでしょう。

(コマンドプロンプトを利用する必要があります。「CD」コマンドや「DIR」コマンドの使用方法がわからない方は、以下のページに基礎的なことが書いてあるので参考にしてみてください。

参考 http://zkqemn21.s22.xrea.com/doscommand.html )

インターホンを設置しました

事務所に画面付きのインターホンを設置しました。

ワイヤレス子機がついていたり、録画機能があったり、最近のものはいろんな機能がついていますね。 防犯対策や、不在時の来客確認にも役立ちそうです。

今後ご来所いただいた際には、ポチッとお押しください。DSCN0134

家事事件手続法の施行にあたって

新家事事件手続法の運用について東京地裁のHPに資料が掲載されています。

手続案内 >  家事事件(調停・別表第二事件の審判)の手続を利用する方へ

≪内容のまとめ≫

●相手方への写しの送付・交付などについて

  1. 申立書・・・相手方に写しが送付される。
  2. 事情説明書・・・調停においては、送付されない。審判では送付される。
  3. 答弁書・・・申立人が希望すれば閲覧・謄写が許可される場合がある。
  4. 書面の提出・・・経済事件(婚費・養育費・財産分与・年金分割・遺産分割・扶養)についての調停事件・全ての審判事件は、原則として書面の写しを相手にも交付する。その他の事件について、相手方への交付を希望することも可能。
  5. 非開示の希望に関する申出書
    非開示を希望する書面の、一番上にホチキスでとめる。

●双方立会手続

初回・最後には、代理人だけでなく本人が立ち会い、手続き・争点の確認・説明がなされる。DV事案など実施が不相当な場合は実施しない。

旧字体・異体字をWord文書で使うには

漢字には、いろいろな字体があります。特に名前に使われている漢字は、常用漢字でない場合がよくあります。それでも変換で出てくればいいのですが、出てこない場合には困ります。
似た字でごまかしてしまうという方法もありますが、裁判所に提出する書類は、戸籍に記載された名前を正確に記載しなければいけない場合が多いのです。

そこだけ手書きしてもよいのですが、他にいい方法はないかといろいろ調べところ、便利なサイトを見つけました。

GlyphWiki
http://glyphwiki.org/wiki/

このサイトには、旧字体・異体字のフォント・画像ファイルが大量に掲載されています。

似ている字を入力して検索すると、さまざまな旧字体・異体字のフォント・画像ファイルが表示されます。
出てきた画像ファイルを、コピー&ペーストでWord文書に貼り付けて、大きさを調整すればOK。隣の字と大きさや位置が少しずれてしまいますが、この方法が最も手っ取り早いと思います。

(ちなみに、よく知られたテクニックですが、貼り付けた画像サイズを変更するため4つの角にある■をドラッグするときに、SHIFTキーをおしたままサイズ変更を行うと、縦:横が1:1のまま拡大・縮小できるので便利です。)

こういったサイトを作成した人や字体の入力に協力した人の、無償の努力に感謝しながら利用させてもらっています。