カテゴリー別アーカイブ: 法律事務とIT

電子内容証明エラー対処法:「すべて文書確認を行っていないが差出し」表示から進まないとき

Windows 7 (32bit版)を利用している方で、電子内容証明郵便を今までは問題なく発送できていたのに、最近急に発送の処理ができなくなった方がいるのではないでしょうか。

症状としては、送付文書をPCで作成し、電子内容証明ソフトで宛先等を入力してブラウザでアップロードを行った後、送付文書の最終確認を行うところまではできるのですが、内容確認を行っても差出ボタンが  「すべて文書確認を行っていないが差出し」 のまま変わらず、しかもこのボタンを押しても送信ができないというものです。

事務所のPCがこのような状態になったので、原因を調査したところ、知らないうちにWindows7にInternet Explorer 10(以下、「IE10」)が自動インストールされていたのが原因でした。マイクロソフトの方針で平成25年5月頃に自動的にIE10がインストールされることになったにもかかわらず、まだ電子内容証明サービスがIE10に対応していないのです。

同様にお困りの方もいるかと思うので、以下に対処法である、①IE9へのバージョンダウン方法と、②IE10の自動インストールの無効化の方法を記載しておきます。 (なお、本記事記載時点ではIE9へも正式には対応していないようですが、私が利用している限りではWindows7(32bit版)でIE9を用いて問題なく送付が可能です。)

第1 IE9へのバージョンダウン

  1. 左下のWindowsのスタートボタンをクリックし、スタートメニューの一番下の「プログラムとファイルの検索」と書かれたテキストボックス内に、「プログラムと機能」と入力し、Enterを押す。
  2. 表示されたウィンドウ内の左側にある「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック
  3. 表示されたリストの中から「Internet Explorer 10」 をダブルクリックし、アンインストール。 表示に従って再起動を行う。
  4. Internet Explorerを開き、ツールバーから「ヘルプ」>「バージョン情報」を選び、Internet Explorer9と表示されれば完了です。

これで、電子内容証明郵便のソフトを従来通り操作すれば、送付ができます。ただ、このままだとまた自動でIE10がインストールされてしまうので、以下の手順を行います。

第2.IE10の自動インストールの無効化

以下のリンクから、Microsoft公式の「Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツールキット」をダウンロードします。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/confirmation.aspx?id=36512

このページに記載されたインストール方法に従って、無効化ツールをインストールすれば、今後自動的にIE10がインストールされることはありません。今後、電子内容証明のサービスがIE10に対応した場合は、手動でIE10をインストールすればよいでしょう。

(コマンドプロンプトを利用する必要があります。「CD」コマンドや「DIR」コマンドの使用方法がわからない方は、以下のページに基礎的なことが書いてあるので参考にしてみてください。

参考 http://zkqemn21.s22.xrea.com/doscommand.html )

旧字体・異体字をWord文書で使うには

漢字には、いろいろな字体があります。特に名前に使われている漢字は、常用漢字でない場合がよくあります。それでも変換で出てくればいいのですが、出てこない場合には困ります。
似た字でごまかしてしまうという方法もありますが、裁判所に提出する書類は、戸籍に記載された名前を正確に記載しなければいけない場合が多いのです。

そこだけ手書きしてもよいのですが、他にいい方法はないかといろいろ調べところ、便利なサイトを見つけました。

GlyphWiki
http://glyphwiki.org/wiki/

このサイトには、旧字体・異体字のフォント・画像ファイルが大量に掲載されています。

似ている字を入力して検索すると、さまざまな旧字体・異体字のフォント・画像ファイルが表示されます。
出てきた画像ファイルを、コピー&ペーストでWord文書に貼り付けて、大きさを調整すればOK。隣の字と大きさや位置が少しずれてしまいますが、この方法が最も手っ取り早いと思います。

(ちなみに、よく知られたテクニックですが、貼り付けた画像サイズを変更するため4つの角にある■をドラッグするときに、SHIFTキーをおしたままサイズ変更を行うと、縦:横が1:1のまま拡大・縮小できるので便利です。)

こういったサイトを作成した人や字体の入力に協力した人の、無償の努力に感謝しながら利用させてもらっています。

投函してしまった郵便物に誤りがあった場合

郵便物のミスなどに投函後に気付いた場合には、取戻請求を行うことによって、相手への送付を中止することができます。投函したポストの集配局で手続きを行います。

では、取戻しをしたい郵便が、「電子内容証明郵便」の場合はどうすればよいでしょうか。

まずは発送を止める必要があります。電子内容証明の発送は、新東京支店が担当しているようですので、急いで日本郵便の「新東京支店」の代表番号に電話して、書留の番号などを伝えて、発送を止めてもらいます。その後に、近くの日本郵便の支店で取戻し請求の手続きを行うことで、相手への送付を止められます。

送付申込後、どのくらいの時間で発送されてしまうのかはわかりませんが、電子内容証明を送付してから1時間後に取戻し請求をしたいと電話したところ、まだ発送されておらず、間に合いました。時間帯にもよると思いますが、前回は、処理までの時間が6時間程度と表示されていたので、だいたいそれぐらいが目安になると思います。

発送前にミスを防ぐのが最も大事ですが、発送後に気付いた場合には、まずは急いで電話+取戻し請求で何とかなる場合があるので、覚えておくと便利です。 (550円の手数料がかかります。)